展覧会情報

南房総の12人のアーティストを紹介

※現在、停電の影響により休館しております。ご不便をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。再開の際はHPでお知らせいたします。

現在の展覧会「南房総ARTニューウェーブ〜鋸山アニマルワールド〜」の見どころ

南房総ARTニューウェーブ 展覧会情報
南房総ARTニューウェーブ展覧会

南房総で活躍するアーティストを紹介する展覧会がスタート。南房総はアート活動が活発な地域で「コヅカ・アートフェスティバル」や「アートフリーマーケットin千倉」など独自のアートイベントが多く開催され、新進気鋭の作家も多く存在します。

出品作家はイラストレーター・絵本作家として活躍する山口マオや「コヅカ・アートフェスティバル」代表の宮下昌也など南房総のアート活動を盛り上げる12名の作家(画家や彫刻家、平面作家や立体作家、男性・女性など様々)。賑やかな展示作品が展覧会を大いに盛り上げています。

テーマは海や山など豊かな自然に恵まれ、酪農発祥の地ともされる南房総ならではの「動物(アニマル)」で、大人から子供まで楽しめるポップな内容の展覧会。夏休みシーズンということもあり、大いに盛り上がっています。

また日本のアートシーンの中での南房総の新たな潮流が感じられる展覧会ともいえます。

出品作家12名を一挙ご紹介

今井 俊(版画家)
メキシコに魅せられ、その民族や風習、風景を生涯のテーマとする。ミステリアスでうごめくような線描の木版画が特徴。

ウエマツナナエ(美術家)
エッチング(銅板画)やコラージュなど、ポップな造形から静謐な抽象画まで枠にとらわれない自由な発想で作品を制作する。

喜多村 紀
オブジェや抽象画を制作する美術作家。木片や流木を組み合わせて素朴な(?)動物に変身させる。

クリシュナ 智子(美術家)
東京造形大学で染色を専攻し、ニューヨークでテキスタイルデザイナーとして活躍。歌人、木版画作家としても活動中。

坂本 一樹(画家)
アフリカの動物の存在感に魅了されモチーフとして制作する時期を経て、現在は自然の豊かさや宇宙の神秘を抽象画を通して表現する。

坂本 真彩(美術作家・舞台衣裳家)
ʼ90年より舞台衣裳・美術のプランナーとして活動。現在は自然からのインスピレーションをうけ、多彩な表現でオリジナルの作品も制作。

直江 みちる(造形作家・絵本作家)
絶滅の危機にある生き物や愛くるしい動物をテーマとした立体を制作。メキシコの祭りや風俗をテーマとした絵本も作成。

早川 榮二(彫刻家)
日本の美意識をもとに身近な動植物を、ダイナミックかつ繊細にステンレスの彫刻で表現するインターナショナルな作家。

桧山 薫(造形作家)
丸みのあるフォルムと温かみのあるモチーフによる独特で幻想的な彫刻を制作。木、石膏、発砲スチロールなど様々な素材を使い分ける。

宮下 昌也(画家)
鴨川市金束(こづか)の山奥で人間や自然、動植物、地球をテーマに制作を続ける画家。毎年夏に行われる「コヅカ・アートフェルティバル」を主宰。

望月 純(美術家)
イラストレーターとして出発。現在はプログラミングWEB制作の傍ら、カラフルで愛嬌のあるお面や独特のフォルムの立体などを制作。タイトルも秀逸。

山口 マオ(イラストレーター・絵本作家)
イラストレーター・画家・絵本作家とマルチな才能を発揮した活動を行う。南房総市千倉を舞台にアートイベントを展開する。

展覧会の詳細

展覧会名  「南房総ARTニューウェーブ〜鋸山アニマルワールド〜」
会期    2019年7月14日(日) ~10月14日(月)
開館時間  10:00 – 17:00 (最終入館は16:30まで)
休館日   火曜日
入館料   一般800円 中高生500円 小学生以下無料障害者手帳お持ちの方無料 団体20名以上1割引
主催    公益財団法人 鋸山美術館(7月14日より金谷美術館から改称)
後援    富津市/富津市教育委員会/鋸南町/南房総市/館山市/鴨川市
会場    公益財団法人 鋸山美術館
住所    〒299-1861 千葉県富津市金谷2146-1
電話    0439-69-8111  FAX 0439-69-8444
交通手段  電車 内房線浜金谷駅から徒歩5分/車 富津金谷ICから車で5分/東京湾フェリー 金谷港から徒歩1分

南房総ARTニューウェーブのチラシ
南房総ARTニューウェーブ フライヤー表

展覧会関連イベント

「出品アーティストによるライブペインティング」
7月14日(日)13:30〜16:00
【内容】出品作家によるライブペインティング。出品作家が一つの大きな布に絵を描きます。
【料金】イベント観覧料無料、ただし入館料800円は必要

「今井俊 木版画ワークショップ」
8月11日(日)13:30〜16:00(参加費500円)
【内容】版画家今井俊がオリジナル版木を使って版画の刷り方を教えます。
【料金】参加費500円 ※大人の方は別途入館料800円、小学生以下は入館料無料

「奈良大介 ライブ × 宮下昌也 ペインティング」
8月25日(日)14:00〜15:30(13:30受付開始)
【内容】西アフリカの太鼓ジャンベ、奄美の三線などの音楽演奏と共に、画家が即興で絵を描いてゆく、必見のアートパフォーマンス。
【料金】2500円(展覧会観覧料800円を含む)
【定員】50名(事前申込制)

「アートフリーマーケット」(台風15号の影響により中止とさせていただきます)
9月15日(日)10:00〜16:00
【内容】アート雑貨を扱う作家を中心としたフリーマーケットを開催します。
【料金】アートフリーマーケット(参加無料)※入館の際は別途入館料800円、小学生以下は入館料無料

「ジュゴンボーイズクラシックコンサート」
9月28日(土)13:30〜(13:00受付開始)
【内容】鋸山美術館ではおなじみのチェロとチェンバロによるコンサートを今年も開催します。
【料金】2,500円(当日観覧料を含む)
【定員】50名(事前予約制)

イベントのお申込先はこちら


次回展覧会情報

鋸山美術館コンクール2018 受賞者新作・審査員作品展

現在募集中の「鋸山美術館コンクール」の関連展覧会である「鋸山美術館コンクール2018 受賞者新作・審査員作品展」が開催されます。こちらは昨年のコンクール上位受賞者の新作と審査員の先生方の作品を展示するもので、コンクール上位受賞者にとっては美術館で展示できる数少ない機会です。コンクール展では10号までの作品でしたが、新作展は大きいもので130号もありますので見応え十分。若いフレッシュな作家から老練の作家まで、多種多様な作品をお楽しみいただけます。コンクールの募集と共に新作展もどうぞよろしくお願いいたします。

【展覧会】鋸山美術館コンクール2018 受賞者新作・審査員作品展
【会期】2019年10月27(日)〜12月8日(日)
【場所】公益財団法人 鋸山美術館
【料金】一般800円、中高生500円、小学生以下無料

鋸山美術館コンクール上位受賞者によるグループ展
鋸山美術館コンクール2018 受賞者新作・審査員作品展 フライヤー表
>公益財団法人 鋸山(のこぎりやま)美術館

公益財団法人 鋸山(のこぎりやま)美術館

鋸山美術館は2010年3月に金谷美術館としてオープン。「石と芸術」をテーマに町おこしに取り組む千葉県富津市金谷の「芸術」のシンボルとして皆さまに親しまれてきました。10周年を機に千葉県の名山、鋸山の名を冠した「鋸山美術館」に名称変更。これまで以上に地域の芸術文化振興に寄与するよう努めてまいります。

〒299-1861
千葉県富津市金谷2146-1
公益財団法人 鋸山美術館
TEL:0439-69-8111 FAX:0439-69-8444

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。