第11回 金谷・石のまちシンポジウムのご案内

  • 2019年9月26日
  • 2019年9月26日
  • 未分類
  • 162view

石のまちシンポジウムとは?

2019年11月16日(土)に「第11回 金谷・石のまちシンポジウム」が開催されます。

平成21(2009)年にスタートした「金谷・石のまちシンポジウム」は、今年で第11回目を迎えます。

この間、房州石の生産と流通をテーマに、石切場跡の調査や全国の石材産地との比較を通して、鋸山の歴史と特徴を探ってきました。

近年は、鋸山の石切場や日本寺を軸に、当地域の歴史文化の特徴や魅力を再評価し、「日本遺産」として発信を目指す取り組みも進められています。

そこで今回は石文化にまつわる「日本遺産」の先進地から講師を招き、それぞれの取組みの根底をなす理念や方針等を学び、「鋸山」の今後を展望します。

金谷・石のまちシンポジウム実行委員会 開催概要より

日程

13:00〜13:10
開会、挨拶 金谷・石のまちシンポジウム実行委員長 鈴木裕士
来賓挨拶  富津市長 高橋恭市 氏

13:10〜14:00
講演 日本遺産『珠玉と歩む物語』小松 〜時の流れの中で磨き上げた石の文化〜
石川県小松市埋蔵文化センター所長 樫田 誠 氏

14:00〜14:50
講演 日本遺産『知ってる!?悠久の時が流れる石の島』〜海を越え、日本の礎を築いた せとうち備讃諸島〜
香川県小豆島町企画財政課長 川宿田 光憲 氏

15:00〜15:30
「金谷石について調べてみたよ!」金谷小学校児童
「地域の宝・売津石」天神山小学校児童

15:40〜16:50
シンポジウム「鋸山が大好き!」
司会進行 金谷ストーンコミュニティー 宮里 学

参加方法

申込み不要・参加無料


鋸山石文化 見学ツアー

11月17日(日)午前9時〜12時
集合場所 JR浜金谷駅
参加費 1,500円(日本寺拝観料、傷害保険料込み)
※登山道以外のルートにも入ります。
※軽登山用の装備(滑らない靴・リュック)が必要です。
※雨天の場合は金谷歴史散歩に変更します。

第11回 金谷・石のまちシンポジウム チラシ
最新情報をチェックしよう!
>公益財団法人 鋸山(のこぎりやま)美術館

公益財団法人 鋸山(のこぎりやま)美術館

鋸山美術館は2010年3月に金谷美術館としてオープン。「石と芸術」をテーマに町おこしに取り組む千葉県富津市金谷の「芸術」のシンボルとして皆さまに親しまれてきました。10周年を機に千葉県の名山、鋸山の名を冠した「鋸山美術館」に名称変更。これまで以上に地域の芸術文化振興に寄与するよう努めてまいります。

〒299-1861
千葉県富津市金谷2146-1
公益財団法人 鋸山美術館
TEL:0439-69-8111 FAX:0439-69-8444

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。