展覧会情報


開催中 【第6回鋸山美術館コンクール 受賞作新作 審査員作品展】展覧会のお知らせ

【展覧会情報】

展覧会名  第6回鋸山美術館コンクール 受賞作新作 審査員作品展
会期    10月11日(日)~ 12月20日(日)
主催    公益財団法人 鋸山美術館
後援    富津市/富津市教育委員会
会場    鋸山美術館 本館
開館時間  10:00 – 17:00 (最終入館は16:30まで)
休館日   火曜日(11/14(土)は、特別休館させていただきます)
入館料   一般800円 中高生500円 小学生以下無料  障害者手帳お持ちの方無料 団体20名以上1割引
交通手段  電車 内房線 浜金谷駅から徒歩5分/車 富津金谷ICから車で5分/東京湾フェリー 金谷港から徒歩1分

 

次回企画展【鋸山美術館コレクション 収蔵作品展《第Ⅱ期》】展覧会のお知らせ

【展覧会情報】

展覧会名  鋸山美術館収蔵作品展〈第Ⅱ期〉「日本の自然 鋸山の文化遺産」
会期    2021年1月2日(土)~ 5月16日(日)
主催    公益財団法人 鋸山美術館
後援    富津市/富津市教育委員会
会場    鋸山美術館 本館
開館時間  10:00 – 17:00 (最終入館は16:30まで)
休館日   火曜日(ただし、2月23日(祝・火)、5月4日(祝・火)は開館、2月24日(水)、5月6日(木)は休館とします)
入館料   一般800円 中高生500円 小学生以下無料  障害者手帳お持ちの方無料 団体20名以上1割引
交通手段  電車 内房線 浜金谷駅から徒歩5分/車 富津金谷ICから車で5分/東京湾フェリー 金谷港から徒歩1分

【概要】

鋸山美術館は、2010年、町おこしの活動の中で生まれました。「美しいもの大切なものを伝え遺し生かしていく美術館」の方針の基、作家やそのご家族、また美術収集家の方から多くの作品のご寄贈を受けてきました。

今回はその中から特に日本の自然にスポットを当て、四季折々の日本の風景をお楽しみいただける内容といたしました。

また、当館が所蔵する鋸山に関連する作品も多く展示します。古くから鋸山は文人墨客が訪れ、創作の糧としてきた歴史があります。千葉県を代表する名山である鋸山に現代の作家がどのようにインスピレーションを得て、作品へと昇華させていったのかも見どころの一つです。

併せて、現在別館として公開されている国登録有形文化財鈴木家石蔵に収められていた鋸山関連資料ならびに地域の文化財も同時にご覧いただけます。

※終了【鋸山美術館コレクション 収蔵作品展《第Ⅰ期》】展覧会のお知らせ

 

新型コロナウイルス感染拡大を受け、当館も4月上旬より営業を自粛しておりましたが、5月27日(水)より営業を再開いたしました。

鋸山美術館コレクション 収蔵作品展《第一期》につきましては、会期を延長して、10月4日まで開催しております。

 

【展覧会情報】
展覧会名  鋸山美術館コレクション 収蔵作品展《第1期》
会期    5月27日(水)~ 10月4日(日)
主催    公益財団法人 鋸山美術館
後援    富津市/富津市教育委員会
会場    鋸山美術館 本館
開館時間  10:00 – 17:00 (最終入館は16:30まで)
休館日   火曜日
入館料   一般800円 中高生500円 小学生以下無料  障害者手帳お持ちの方無料 団体20名以上1割引
交通手段  電車 内房線 浜金谷駅から徒歩5分/車 富津金谷ICから車で5分/東京湾フェリー 金谷港から徒歩1分 
出品作家  織田彩子、北山泰斗、Kajsa Haglund、Georges Wenger、岩波昭彦、梅田哲男、清水鉄彌、津田裕子、クリス・ピエール・ラビュッシ、エサシトモコ、澤井佳子、和田賢一、大野静子、西宮房子、糸田玲子、糸田芳雄、矢ケ部昭彦、乳井真澄


今後の展覧会予定


●MOA美術館所蔵作品展 歌川広重「東海道五十三次」
2021年5月22日(土)~6月20日(日)予定

歌川広重の代表作「東海道五十三次」全55作品を、MOA美術館の協力により、前期・後期に分けて展示いたします。
江戸庶民が憧れた旅の情景と宿場町の風情豊かな景観を是非ご覧ください。
詳細については、追ってお知らせいたします。

 

「第3回 M O A美術館富津児童作品展」
2020年11月28日(土)〜12月7日(月)
 ※中止

「第7回 鋸山美術館コンクール展」
2020年12月20日(日)〜4月4日(日)
 ※来年に延期